サイトトップ>>ショートボード>>セーフティーサーフィンの定番怪我防止サーフグッズノーズガード【SURFCOサーフコ】

サーフィンは、サーフボードだけがあれば波乗りできますが、やはり安全に波乗りするためには最低限の道具が必要です。
サーフボードやウェットスーツ。リーシュ、ワックスなどなど。その他サーフィンやサーフトリップに必要なグッズもたくさんありますので、ご覧ください。

セーフティーサーフィンの定番怪我防止サーフグッズノーズガード【SURFCOサーフコ】

セーフティーサーフィンの定番怪我防止サーフグッズノーズガード【SURFCOサーフコ】
人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 :オーシャンデプト
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 2,940円
商品の詳細を見る

nose guard■ニットソックスやハードケースに引っかからずにスムーズな出し入れが可能(スーパースリック)■カラー:ホワイト/ブラック/シルバー■ショートボード用★ダイヤモンドチップタイプはこちらから★その他のリペア・メンテナンスはこちらからボードにノーズガードを装着しセーフティーサーフィン!

サイトトップ>>ショートボード>>セーフティーサーフィンの定番怪我防止サーフグッズノーズガード【SURFCOサーフコ】

おすすめカテゴリ

Amazonで探す

●波情報
サーフィンをするには欠かすことができない波の情報。日本ではNTTのダイヤルQ2を利用して波の情報をサーファーに提供する業者が複数あったが、今では携帯電話サイトでの提供が主流。その日の天気、波の大きさ、風の向き、どれだけサーフィンを楽しめるか、今後の波の予想などが提供されており、一日に何度も情報が更新される。また、近年急激な利用者数の増加が見られるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に於いても、「サーフィン特化型・SNSサイト」が公開されており、従来の「サーフィン情報提供型WEBサイト」と「サーフィン特化型ネットワーキングサイト」を併用した波情報の取得が広まりつつある。サーファー同士がサーフィンに関する「情報の共有」を手軽に全国規模で行うことが可能となった為、従来の情報提供サービスの利用に加え、サーファー個々の持つ「コミュニティー」や「ネットワーク」を活用した情報収集による「ピンポイント」かつ「リアルタイム」な波情報の入手方法が、確立されてます。 (ウィキペディアより)

このページの情報は
2010年5月9日15時14分
時点のものです。

このページのトップに戻る
このサイトはアマゾン、電脳卸のウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス